黒酢の副作用

黒酢はそもそも天然の食品なので用量を守って摂取している限り、副作用に心配はありません。しかし、あまりに過剰摂取をすると、吐き気、腹痛、めまい…などの症状がまれに出ることはあるようです。

黒酢に副作用はある?

天然食品だから基本的にはOK

黒酢を健康食品やサプリメントとして考えると、なんとなく副作用がありそうな気もしますよね。

でも、黒酢はそもそもは天然の食品です。

決められた量を守ることが大事

1日に20~30ml、サプリメントならばその商品に定められた用量を守って摂取すれば副作用の心配はありません。

実際、これまでにも黒酢による深刻な副作用の報告というのはないようです。

空腹時の原液摂取や過剰摂取には注意が必要

けれども、空腹時に原液をストレートで飲んだり、用量を大幅に超えて摂取したりすると、

胃を痛めたり、吐き気、腹痛、めまい、無尿、呼吸困難…などの症状がまれに出ることもあります。

医薬品との併用も大丈夫

また、黒酢は医薬品と併用して摂取してもなんら問題はありません。

血圧やコレステロールを下げるための薬を服用しながら黒酢を摂取しているという人もいるくらいです。

黒酢で歯が溶ける?

黒酢は強酸性の食品

黒酢は体への深刻な副作用の心配はないのですが、頭に入れておいてほしいのは黒酢は強酸性の食品であるということ。

この強酸性の食品には他にレモン、グレープフルーツ、オレンジなどの柑橘類、

ビタミンCなどのサプリメント、コーラ、スポーツドリンクなどがあります。

コーラよりも歯が溶けやすい

このような食品を大量に摂取すると、歯表面のエナメル質が溶ける酸蝕症になってしまうこともあります。

酸の強さを表すPH値は黒酢が3。

コーラのPH値は2.2ですから、それよりも高い数字です。

食後のお茶などで中和させる

酸蝕症を防ぐためには、黒酢など強酸性の食品を摂った後はお茶などで酸を中和させること。

そしてそれから1時間以上経過してから歯を磨きましょう。

酸がまだ中和されていない状態で歯をゴシゴシ磨くと、歯のエナメル質は摩擦で磨り減ってしまいます。

食後一時間おいて歯磨きしましょう!

黒酢をちょっと摂取したくらいですぐに酸蝕症になるということはありません。

ですが、黒酢を毎日摂り続けようと考えている人は一応このようなことも頭に入れておいてください。

黒酢徹底比較

黒酢サプリを種類で比較
もろみを配合しているもの、香醋で出来たもの、にんにくを配合しているもの…などで種類が分けられ、おすすめのサプリも違います。
黒酢サプリの価格比較
黒酢のサプリメントは他の健康食品と比べて非常に安く、1日で換算するとたったの50円前後。コストパフォーマンスが高いんです。
黒酢サプリの原材料比較
使用される黒酢でもっとも多いのは鹿児島県の伝統製法で作られたもの。もみ殻で発酵させたり、もろみを使用したり工夫してます。
黒酢にんにくサプリを比較
ソフトカプセルのサプリメントなら匂いもまったく気になりません。黒酢にんにくはダブルの効能でパワーをつけることができます。
もろみ黒酢のサプリを比較
もろみには黒酢の栄養分がぎゅっと凝縮されており、アミノ酸の含有量は原液の数十倍とも言われています。

黒酢ランキング

Profile

運営責任者

Hiromiさん

Hiromiさん40代・女性

大手通信会社勤務、近所に姉夫婦が住んでいる。彼氏はいるが、お互い結婚には無関心。

友人1

しのさん

しのさん40代・男性

管理人の同僚、部署も同じ。ちょっぴりメタボな温厚人。ダイエットの効能に期待。

友人2

れ-こネェ

れ-こネェ40代・女性

最近子供の手が離れて、健康オタクへなりつつある。レシピや料理法に興味津々。

友人3

浅井君

浅井君40代・男性

管理人の同級生で自営(本屋さん)。黒酢のサプリメントにはまってる。